宅建過去問題250学習アプリ icon

宅建過去問題250学習アプリ APK

  • Author:

    MCSJ

  • Latest Version:

    1.1.7

  • Publish Date:

    2017-09-11

The description of 宅建過去問題250学習アプリ

【アプリ名】
宅建過去問題250学習アプリ

【アプリ説明】
人気ランキング5位の宅建、5年分の過去問(2012年-2016年)に解説を付けました、ですから見やすく、分かりやすく、覚えやすい。
通勤、通学の合間時間を使って動画解説を聞き流してください、本気で学んでいるあなたの合格をサポートします。
一問ごとに解説が有るので試験の訓練と学習が平衡して出来ます、だから安心で効果的です。

【アプリ内容】
◇27年-24年度5年分の問題と解説

【免責事項】
本アプリ結果の保証をするものではありません。
本アプリを使用した問題やトラブルに対して私は一切の責任を負いかねます。
本アプリは無料でご提供するため広告が表示されますのでご承知おきください。



◇宅建とは?

宅建とは、正式名称=宅地建物取引主任者(たくちたてものとりひきしゅにんしゃ)といいます。
一般的に宅建は、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に重要事項の説明等を行う時に必要な国家資格です。
また、宅地建物の取引を行う業者は事務所1つに対し5人中1人は宅建所有者を設置しなくてはならないと定められています。そのため、企業では宅建所有者を優遇しているところが多くあります。

たとえば、宅建を取得すると
「毎月+○万円の資格給がもらえる。」
「昇進には必須。」
「就職や転職に有利。」など。

不動産業界だけでなく、住宅業界や金融業界も宅建を重視しているところが多いのも事実です。
そのため、営業だけでなく技術職や事務職も同じく持っていると価値があります。

ちなみに、受験者の条件はなく、学生や外国籍の人でも受験できます。
つまり、小学生や中学生も受験できる国家資格です。
もちろん、会社員や主婦も受験できます。

宅建の試験日は、毎年11月。
勉強の期間は、一般的に3ヶ月~6ヶ月と言われています。
また、合格率は毎年15%前後です 。

宅建試験の実施は、各都道府県知事が指定試験機関である財団法人不動産適正取引推進機構に委託する形で行っているため、全都道府県に試験会場を置かれています。

日本の企業では、学歴社会が崩壊して実力社会へと移りつつあります。
また2007年の全国の大学の約50%が、定員割れでした。
これは、募集定員よりも入学者が少ないという状況です。

これは、いずれ○○大学卒業という「肩書き」は意味を持たなくなることを予想させます。
(もちろん、東大や京大卒業は別格ですが。。。)

きっとその時、資格は学歴よりもあなたの価値を高くするかも知れません。
「保険」という意味でも取得しておくことをおすすめします。



◇宅建主任者になるには?

宅地建物取引主任者になるには、宅建試験に合格後、試験を受験した都道府県知事の資格登録を受けて、その当該知事の発行する宅建主任者証の交付を受けなければなりません。
また資格登録には、実務経験が2年以上無ければなりません。

でもご安心ください。
登録実務講習実施機関が行う登録実務講習を受ける事により
「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められます。

ちなみに、宅建試験の合格者の全員が登録するわけではありません。
「あとは実務経験のみ。」の状態で合格証を受け取るまでで終えているようです。

自己啓発の意味でも、まずは合格を目指すのもありです。


◇宅建主任者の仕事とは

宅建主任者の仕事は、主に下記の業務はあります。

・契約締結前に、宅地建物取引業者の相手方に対して、重要事項の説明を行うこと。
・重要事項説明書(業界用語で「35条書面」とも呼びます)への記名・捺印
・37条書面(一般にいう「契約書」のこと)への記名・捺印

たとえば、建て売り物件や土地の売買時などに活躍します。

土地を扱っているハウスメーカーでは「宅建主任者」は重宝されますが
土地を扱っていないハウスメーカーでは、それほど必要とされません。

ただ、どのハウスメーカーでも資格給の制度はあります。

取っておいて損はありません。
その他に活躍の場として、ファイナンシャルプランナーや行政書士、司法書士、土地家屋調査士などとの組み合わせで不動産の知識を持つ業種で活躍しています。


◇宅建の資格給料手当てとは?

ほとんどの建築業界や金融業界では資格給料手当てが毎月の給料に支給されています。

では、どのくらい?
気になりませんか?

大手住宅メーカーでは、多いところで月5万円。少ない所でも月5,000円。
不動産企業では、月2~3万円が多いようです。
金融業界では、月3,000円~2万円くらい。
ただ、宅建資格給料手当てが多い会社ほど、宅建試験に不合格になると「なぜか仕事ができない。」みたいな空気になるので注意が必要です。これは、新入社員に見られる空気です。
受験資格もなく、学生や主婦でも受験できるので取得しておくのも良いと思います。


◇宅建が昇進に有利?
大手・中堅の住宅メーカーや不動産企業の中には、昇進の条件の一つとして宅建取得を必須にしている会社もあります。
特に不動産関連の会社の昇進では宅建は必須でしょう。
また、建築関連や住宅関連では、宅建資格よりも、工事課の昇進には「1級・2級施工管理士」。
設計課では、「1級・2級建築士」を必須にしているところも多々あります。
しかし、施工管理士や建築士の合格率は低く、宅建の方が合格しやすい国家資格なため、先に宅建を取得する方が懸命かもしれません。
学歴社会が崩壊しつつある今、国家資格で実力をアピールするチャンスかもしれません。

今後、昇進や採用の基準に資格が注目される可能性もあります。
保険という意味でも今の内に宅建取得もありかも。

◇宅建勉強法アドバイス
独学?通信教育?専門学校?
あなたは、どの勉強方法を選びますか?
実は、選ぶコツは「あなたの生活環境」を見ることにあります。

もし、あなたが
「時間がない。」
「お金がない。」
「近くに学校がない。」

なら、迷わず独学か通信教育を選んでください。
そうでなかったら、専門学校をおすすめします。
一概に、「専門学校」が良い、通信教育」が良い、
とは言えません。

それぞれにメリット・デメリットがあり、あなたの状況によって変化するからです。
まずは、そこから考えてみましょう。
Show More
Advertisement
Comment Loading...
Ooops! No such content!
宅建過去問題250学習アプリ Tags
Add Tags

By adding tag words that describe for Games&Apps, you're helping to make these Games and Apps be more discoverable by other APKPure users.

Popular Apps In Last 24 Hours
Download
APKPure App