We use cookies and other technologies on this website to enhance your user experience.
By clicking any link on this page you are giving your consent to our Privacy Policy and Cookies Policy.
大学受験によく出る漢字!大学入試対策アプリ センター試験にもおすすめ icon

大学受験によく出る漢字!大学入試対策アプリ センター試験にもおすすめ

2.0.0 for Android

The description of 大学受験によく出る漢字!大学入試対策アプリ センター試験にもおすすめ

大学受験生のための学習アプリです。ここだけは押さえておきたい漢字を厳選して集録しております。
読み問題、書き問題に対応。
私立大学、国立大学の入試によく出題される漢字をクイズ形式で学習できます。

大学受験(だいがくじゅけん)とは、大学(短期大学を含む)の入学試験を受けること。世界各国で大学に相当する教育機関へ入学する際にはさまざまな取り決めが存在しているが、学力試験を通じて入学者を選抜するケースが多い。世界的にはアメリカにおけるSATのような統一試験のスコアによる選抜が多く、日本のように個々の大学で入学試験を課す国は非常にまれである。

なお本節では大学のほか、学士を取得できる省庁大学校についても取り扱うこととする。


【入試科目】
外国語、国語、数学、地理歴史、公民、理科の教科のうち、1教科から3教科で受験できる場合が多い。文科系学部では外国語、国語、そして数学、地理歴史、公民から1科目が課される大学・学部が多く、理科系学部では外国語、数学、理科が課される大学・学部が多い。
外国語は、英語が主流である。英語以外にドイツ語やフランス語を選択できる場合もある。
国語は、現代文のみ、現代文と古文、現代文・古文・漢文の3通りがある。これら3科目の融合問題が出題される場合もある。但し近年は古文・漢文の出題する学校は減少傾向にある。
数学は、文科系学部では数学I、数学A(一部の大学では数学II、数学Bも課せられることある。)が、理科系学部では数学I、数学II、数学III、数学A、数学B、数学Cが試験範囲となるケースが多い。
地理歴史および公民は、世界史・日本史・地理・政治・経済などから1科目選択するケースが多い。世界史や日本史はほとんど全ての大学・学部で選択可能である。哲学科がある大学では倫理が選択できるなどの多様性もある。
理科は、物理や化学のほか、生命科学・医学関連の学部や学科などでは生物も選択できる場合が多い。また、地学が選択できる場合もある。学部によっては2教科課せられることもある。
「総合科目」という複合的・科目横断的学科試験を課したり、小論文(作文)を実施したりする大学もある。
指定された3科目を受験し、点数の高い2科目で合否を判定する大学や、指定した科目を1.5倍にして得点計算する大学もある。
解答方式はセンター試験でも採用されているマークシート方式が主流となっているが、英語、数学、国語では一部記述問題も設定されているケースも多い。
Show More

Additional Information

Advertisement
Comment Loading...
Ooops! No such content!
Popular Apps In Last 24 Hours
Download
APKPure App