【読書の標語作成】 icon

【読書の標語作成】 APK

1 votes, 5.0/5
  • Author:

    autohyougo

  • Latest Version:

    1.0

  • Publish Date:

    2013-08-16

The description of 【読書の標語作成】

読書の標語作成のアプリです。

読書は知識を身につけたり、話のネタや
自己啓発など色々なメリットがあります。

そんな読書をする事を広める
標語を自動で作成できます。

近年では若者のの読書離れなどが叫ばれ深刻な問題となっています。

本アプリを活用して読書の習慣が人の身近になる様な
標語を作成してみましょう。

【読書】
読書の意味は「書を読む事」とされるが、活字の登場以前では、これらは主に裕福層やインテリ層にのみ許された行為であった。活版印刷技術の登場以降、書籍が大量生産されるようになって、大衆の識字率は格段に向上し、読書は大衆娯楽(趣味)としても広く受け容れられるようになっていった。
日本では、江戸時代までは、主に四書五経など漢籍の音読(おんどく)が行われていたが、明治時代以降になると黙読(もくどく)が主となった。当初黙読がそれほど広まっていない頃には、黙読する人は「何を読んでいるのか分からない」ため気味悪がられ、また、黙読が広まっても、なかなか音読の習慣を止められない人もいたとされる。黙読している間も声を出さずに音読しているのと同じように読む人もいる。また、江戸時代には四書五経のような教養書の他に戯作本(『東海道中膝栗毛』等)が登場して出版業が成立、生活に余裕のある都市住民を中心に娯楽としての読書が広がっていた。当時、日本語の崩した文字に対応するために、木版印刷が広く用いられた。
20世紀になると大衆の教育の広がりと向上により、かつてより書を読む人間が増えて、また出版技術の向上により大量出版の時代となった。日本においては、大正時代から昭和前期における円本の流行が「廉価な本を大量に発行する」という出版形態の発端とされる。しかし、20世紀後半になってテレビやインターネット等他メディアの爆発的な発達により、知識情報獲得手段としての読書の地位が相対的に低下していったため、若者が本を読まなくなったと嘆く人間の間で「活字離れ」「読書離れ」が語られることがある。

読書標語自動作成
http://anzenhyougo.com/dokusyo/auto.html

Show More
【読書の標語作成】 APK Version History
Request 【読書の標語作成】 UpdateRequest Update
【読書の標語作成】 1.0 for Android 2.1+ APK Download

Version: 1.0 (1) for Android 2.1+ (Eclair MR1, API 7)

Update on: 2016-01-31

Signature: fa5e2a05322c5850f9664db54b317d84868f8f5d 【読書の標語作成】 1.0(1) apk safe verified

APK File SHA1: 1acff435d08e3103299b90e2fc8a3a115a993ff1

Download APK(30.6 KB)

Popular Apps In Last 24 Hours
Download
APKPure App